歯周病の治療

 
01 scene

「一般的な治療」

歯周病の治療

歯周病はバイオフィルム感染症です。

歯周病は歯周病菌の感染によって起こります。お口の中には300~400種類の細菌が存在し、特にその中でもA.A菌P.G菌・P.I菌・スピロヘータ病原菌だと言われています。これらの菌が歯と歯肉の境目の溝(歯周ポケット)のなで増殖する事のより歯周病は進行します。
健康な歯周ポケットの中にも当然細菌はいますが。口の中にいる常在菌が殆どなので歯周病は起こりませんが、成人型の歯周病に罹って人の歯周ポケットの中には上記の菌多く存在します。この歯周病菌は元々人のお口の中に存在するものではなく外部から進入して口腔内で増殖することによって感染し発症します。
歯周病を治療するためには歯周病菌を歯周ポケットから減らすことと夫婦間・親子間からの再感染絶つため家族・パートナーを含めた治療が必要となります。

歯周病の治療法

詳しい治療法は口腔内の診査、診断によりプログラムを作り説明します。歯周病治療おおまかな流れと重要な4つの原則を説明します。原則とは下記の通りです。
(1)むし歯と歯周病は細菌が原因のバイオフィルム感染症です。
(2)歯周病は慢性疾患であり、コントロールは出来るが、完全な治癒は難しい。
(3)歯周ポケットから歯石、プラークを完全に取り除く事は学術的にも不可能である。
(4)歯周病はメインテナンスをしなければ、再び感染する。
上記の事を踏まえて下記表の流れに沿って行います。

歯周病の治療の流れ

メンテナンス

メンテナンスとは、定期的に歯に付着したバイオフィルムを破壊し、治療によって得られた健康な口腔内を維持させる為の処置を言います。
歯周病は慢性疾患で、いったん安定した歯周ポケット内の歯周病菌もホームケアーだけでは、処置終了後12~16週経過すると処置前の状態もどってしまいます。
歯周病菌が元に戻る前に歯科医院でのバイオフィルムのコントロール(PMTC)が必要になってきます。
メインテナンスを定期的に行わないと確実に歯周病は再発し悪化してしまいます。定期的なメインテナンスをお勧めします。

<医歯薬出版「歯周病とう蝕の健康管理ファイル」より引用>

01 一般的な治療
歯周病の治療
虫歯の治療
…………………………………
02 審美的な治療
ホワイトニング
接着修復
ノンクラスプデンチャー
…………………………………
03 予防のための治療
リスク検査・PMTC
キシリトール
フッ素

PAGETOP
Copyright © 田中歯科医院 All Rights Reserved.